喜多方田舎体験からのお知らせ

喜多方グリーンツーリズムで行われるイベントのお知らせや、体験の模様を掲載しております。
写真はクリックすると大きく表示されます。


いよいよ5月より、農業体験・農泊体験の受入れ再開!! 

2021.03.15(月)

いよいよ5月より、受入を再開致します。しかしワクチン接種が始まったと言っても、まだまだコロナの完全収束までは先の話です。
受入農家の方を対象に、安心・安全に受け入れることが出来る様、当センター主催で「オンライン」による、『新型コロナウイルス感染拡大予防の勉強会』を開催しました。講師は、(一財)都市農山漁村活性化機構の花垣紀之氏に願いしました。豊富な資料に基づき、細部にわたり、事細かく丁寧な講議を聞くことが出来、大変有意義な勉強会となりました。
参加した皆さんからは、“これで安心して受入が出来ます”と言った声が沢山聴くことが出来ました。参考までに農家さんの自宅の対策画像もPDFでご覧いただけます。

新型コロナウィルスに係る営業について 

2020.06.03(水)

新型コロナウィルスの感染拡大防止策の一環として、農泊、農作業体験等の
受付を、当面の間停止させていただいております。
尚、再開が決まり次第ホームページ等でご案内致します。
一日も早い終息を願っております。

喜多方で農泊体験学習『個人新聞』届く! 

2020.03.27(金)

令和1年9月に宮城県亘理町立亘理中学校の2年生のみなさんが喜多方市に農泊体験学習で153名訪れました。一人ひとりが、農家さんで学習したことや、経験したこと、そして農家さんと触合ったことなどを記事にして新聞を作ってくれました。それぞれが、工夫とアイディアを凝らし、タイトルから割り振り・編集後記などもあり、本格的な新聞に仕上がっており、記事の内容も「素晴らしい」の一言に尽きます。
皆さんにも是非読んでいただきたいのですが、今回は、写真でご紹介させて頂きます。

  • 喜多方で農泊体験学習『個人新聞』届く!
  • 喜多方で農泊体験学習『個人新聞』届く!

喜多方市高郷町地域おこし協力隊活動報告2019の開催 

2020.02.25(火)

現在、高郷町では2名の地域おこし協力隊が活動しています。
また、石島隊員は今年度をもって、3年間の任期を満了を迎えます。
そこで日頃お世話になっている地域の皆様に感謝の気持ちを込めて、この1年間の活動内容と成果を報告いたします。

☆ 日時:令和2年3月15日(日) 午前10時から正午まで

☆ 会場:高郷公民館/0241-44-2263

その他:入場無料、予約不要、どなたでもお気軽にお越しください。

日系アメリカ人の大学生46名が喜多方市を訪問 

2020.01.31(金)

去る12月19日(木)〜23日(月)に「対日理解促進交流プログラム」のカケハシ・プロジェクトで日系アメリカ人の大学生が来訪しました。これは、日本政府が推進する国際交流事業の一環で、将来を担う人材を招聘し、人的交流を通じて、政治、経済、社会、文化、歴史及び外交政策に関する対日理解を計り、親日派、知日派を発掘することで、日本の外交基盤を強化することを目的にしているとの事です。
皆さん日系の学生さんですので、日本語も少し理解できる人もおり、又容姿も日本人のような人もおり、強い親近感を覚えました。
喜多方市では、酒蔵見学や、赤ベコ絵付け体験・蔵などを見学し、日本の文化や、農泊で農家の方と交流を深める事で、日本人の生活や価値観を理解して頂けたようです。

  • 日系アメリカ人の大学生46名が喜多方市を訪問

第20回蔵のまち喜多方「冬まつり」開催 

2019.12.24(火)

今年も、寒さには負けません!。
2月1日(土)から2月9日(日)まで楽しいイベントが目白押しです。
詳しくは、ウェブで・・・・・

高輪中学校の皆さんが喜多方で田舎体験 

2019.09.05(木)

県のホームページに掲載

はじめての『一閑張り』こんなに立派にできました 

2019.08.08(木)

8月8日に、鏡石(福島県)スポーツクラブの皆さん8名の方々が喜多方市グリーンツーリズムサポートセンターにて、「一閑張り」の製作に挑戦されました。めんこいクラブ会長の指導のもと、開始から約2時間半、悪戦苦闘末に、それぞれの個性豊かな作品(小皿)が完成しました。
出来上がった作品を互いに品評し合い大満足でした。

  • はじめての『一閑張り』こんなに立派にできました
  • はじめての『一閑張り』こんなに立派にできました
  • はじめての『一閑張り』こんなに立派にできました

来て見て触れて”きたかた農業体験・生活体験事業「第2回はじめての喜多方市体験コース」 

2019.07.29(月)

きたかた市では、新たに農業や就農に興味のある方に、本市での農業や生活を実際に「来て」「見て」「触れて」いただく農業体験・生活体験事業「第2回はじめてのきたかた体験コース」の参加者を募集いたします。

1、参加対象者:喜多方市外在住の方で喜多方市での就農や農村への定をお考えの方
2、コース:「第2回はじめての喜多方体験コース」

3、募集期間:令和元年9月21日(土)〜23日(日・祝)

この件に関するお問い合わせ先=喜多方市役所 農業振興係

〒966-8601 福島県喜多方市御清水東7244番地の2
   TEL:0241-24-5235




"来て見て触れて”きたかた農業体験・生活体験事業「はじめての喜多方体験コース」募集中! 

2019.06.19(水)

「蔵のまち」「ラーメンのまち」喜多方市は、自然に恵まれた広大な土地でコヒヒカリに代表される水稲を中心に、グリーンアスパラガス・キュウリ・ミニトマトなどが産地を形成する『農業のまち』でもあります。
  ------喜多方市で就農に向けた1歩を踏み出しませんか?-------
喜多方市では、新たに農業や就業に興味のある方を対象に、喜多方市での農業や生活を実際に「来て」「見て」「触れて」いただく"来て見て触れて”きたかた農業研修・生活体験事業を実施しています。
この研修事業には、過去3年間で延べ28名の方が参加し、うち3名が就農に向けて研修を開始し、1名の方が移住されています。(平成31年4月現在)

実施月日:7月13日(土)〜 15日(月)

募集締め切り:6月30日(日)

申込先:喜多方市農業振興協議会
    TEL 0241-24-5271 FAX 0241-25-7073